砕けるダイヤモンド

レートがポケモン

【剣盾S4シングル最終15位】ダルマガエン+カビミミ

ゆかいです

 

ポケモン剣盾s4において使用した構築を紹介します

 

f:id:yukaiakari:20200401190218j:image

【構築コンセプト】

・ダルマガエンの蜻蛉サイクル
・何にでも投げれるカビミミ

 

 

【使用個体】

 

 

ヒヒダルマ@こだわりハチマキ


陽気 h4,A252,S252
特性:五里霧
つららおとし/ばかぢから/とんぼがえり/じしん


環境のヒヒダルマの上を取るポケモンがドラパミミ辺りであり、その両方に強めであるカビ+ガエンと相性の良さを感じ、鉢巻ダルマを採用
相手視点にダイマックスを強要させながら高火力蜻蛉で逃げつつ、カビやガエンで相手のダイマターンを稼ぎ詰める という動きが理想

 

 

 

ガオガエン@ウイの実


呑気(ミント使用) HB252,d4
特性:威嚇
かえんほうしゃ/バークアウト/とんぼがえり/おにび

 

鬼火ドラパ牽制、ドラパミミへのクッション
ランドロスに憧れを抱き採用
ランドロスになれなかった要因は、火力の低さと命中不安
アーマーガアに強く出れる点、ダイアークを絡めれば呪いカビゴンを突破し得る点が素敵
Sラインが分かり辛い場面があったため、少しでも明確にするため図太いから呑気に変更した

 

 

 

カビゴン@たべのこし


腕白 HB252,s4
特性:熱い脂肪
あくび/まもる/ヘビボン/じわれ

ポケモンと打ち合える性能を持つため、選出して腐ることがない
欠伸残飯カビゴンとしての最低限の役割を保ちつつ、対呪いカビゴンミロカロスなどに役割を持つために地割れを採用
この地割れを採用したことにより、カビミミ@1という選出が全ての構築において可能になった

 

 

 

ミミッキュ@いのちのたま


陽気 h4,AS252
特性:化けの皮
つるぎのまい/じゃれつく/ゴーストダイブ/かげうち

ストッパーの動き、詰めの動きが必要であったため採用
カビゴンと最も相性の良いエースアタッカーであり、また選出して腐ることが無い
シンプルであるが、最も対応範囲が広い

 

 

 

ホルード@ノーマルジュエル


意地 h4,A252,S252
特性:力持ち
ギガインパクト/じしん/とびはねる/ほのおのパンチ

 

初手に出し、襷を警戒させつつ想定外の火力を出すことで大幅なアドバンテージを狙う
HB特化ロトムに対してジュエルダイアタックが乱数75%で落とせてしまうということを知り採用した

 

 

トゲキッス@こだわり眼鏡
控え目 h4,C252,S252
特性:てんのめぐみ
エアスラッシュ/マジカルシャイン/かえんほうしゃ/くさむすび

安定して悪巧みを選択できる場面が限られ過ぎていると感じたため、眼鏡を持たせた
基本的にダイマ後は悪巧みを積む暇は無く、エアスラの押し付けがより強力になる
ロトムドサイドン意識で草結びを採用している
ダイマ時においての性能を最も強く持てる型であると感じた

 

 

 

【基本選出】
カビミミ@1
ダイマックス枠で数的有利を取り、カビゴンミミッキュで詰める

ダルマ+ガエンorカビ@1
ダルマが通りそうな構築に対してこの選出

 

【最終順位】
TN ひぐらし 15位

 

Twitter@abclil

シーズン初期にガオガエンの動画を上げています!

youtubeのチャンネル登録是非お願いします!

 

t.co

 

 

 

 

 

【剣盾S2シングル最終2位】カビミミアマガTOD

 

ポケモン8世代の構築記事になります
S2において使用した構築を紹介します
S2からTODが追加されたため、TODでの勝利を意識した構築にしました

 画像

 

【コンセプト】

欠伸カビゴン+緊張感アーマーガアでラム持ちを逆に起点にする

ダイマ枠で数的有利を取り、カビミミで逃げ切る。また、カビゴンTODを仕掛ける

 

【使用個体】

 

 

カビゴン@たべのこし


腕白 HB252,s4
特性:熱い脂肪
あくび/まもる/のしかかり/ヘビーボンバー
<役割>
ダイマックスターンを枯らす
対面操作
TOD

選出率は断トツトップで非常に使い勝手が良かったが、勝利パターンの3割以上はTODによるもの
ポケモンと打ち合える性能を持っているため、困ったら投げる

 

 

 

ミミッキュ@いのちのたま


陽気 h4,AS252
特性:化けの皮
つるぎのまい/じゃれつく/ゴーストダイブ/かげうち

<役割>
カビで作った起点から全抜き
ストッパー
ダイマックスターン枯らし

カビゴンと最も相性の良いエースアタッカーであり、選出して腐ることが無い

 

 

アーマーガア@するどいくちばし


意地 H172,A252,s84
特性:緊張感
ブレイブバード/アイアンヘッド/ボディプレス/はねやすめ

<役割>

ダイマ枠、ラム持ちに対して緊張感を発動させ、逆に起点にする
想定外の高火力を出すことで奇襲をかける
Sライン ダイジェットで最速ギャラ抜き

対面構築に選出して数的有利を取る、またそこから羽休めでのTODも視野

 

 

 

パッチラゴン@じゃくてんほけん


意地 H252,a84,b36,d4,s132
特性:はりきり
でんげきくちばし/げきりん/つばめがえし/かえんほうしゃ

<役割>
ダイマ
数的有利を取る
受け崩し
Sライン ダイジェットで最速100族抜き


耐久を振ることで効果抜群であっても、おおよその攻撃を耐えつつ弱点保険で切り返し行う
技範囲の広さとダイジェットによる切り返しを評価した
耐久値の努力値配分は試行錯誤の段階であるため、一考の余地がある

 

 

 

トリトドン@きあいのたすき


図太い HB252,c4
特性:よびみず
ねっとう/カウンター/ミラーコート/じこさいせい

<役割>
エラガミ、でんげきくちばしの一貫切り
ストッパー
TOD

 

S1で結果を出したあさみ(@asami_poke)さんが使用していたトリトドン
https://www.asamipoke.com/entry/2020/01/01/172111
トリトドンの型の中で最も汎用性が高く、単体でも選出できる強さがあるため参考にした
襷カウンター、ミラコのケアをされてしまうとそのまま突破されてしまうためTODの戦術を絡めてカウンター、ミラコを選択することが多かった

 

 

トゲキッス@ラムの実
控え目 H244,b4,C156,d4,s100
特性:てんのめぐみ
エアスラッシュ/マジカルシャイン/かえんほうしゃ/わるだくみ

<役割>
ダイマ
受け崩し
カバ展開阻害
Cライン 11n H振りドヒド→わるだくみダイジェット確定1発
Sライン
準速ガルド抜き ダイジェットで最速100族抜き

あくび+地面枠に対してメタを張った

努力値調整はお好みで良いと思う

 

 

 

【基本選出】
カビミミ@1
ダイマックス枠で数的有利を取り、カビゴンミミッキュで詰める

 

【最終順位】
TN ひぐらし2位  one13位

 

画像

 

 

 

Twitter@abclil

youtubeに最終日のランクマッチの動画を上げようと思っているので良ければチャンネル登録お願いします!

t.co

 

 

 

 

【S16最高最終2111】ガルランド厨パ【最終21位】

今シーズンで一区切りつくということで最期のガルランドの記事になります

何度もガルランドの記事を書いてきたので簡単に書きました

ガルランドが今となってはメジャーな構築になった気がします

そのノリでタイトルには適当に厨パを語尾につけました

ガルランドゲコを6、7世代で常に使用してきましたが今季で本当にラストになってしまいました

今季はかなり7世代っぽさのある構築を組めたと感じています

 

 

最終レート

TN Meow 2111

 

f:id:yukaiakari:20190903071137p:plain

 

【コンセプト】

・数的有利を取り、先制技で縛る

・スカテテフを通す

・奮い立てるや渦潮といった技で相手視点で見えづらい勝ち筋を通す

 

 

【構築経緯】 1→6

1.メガガルーラ

最も使い慣れたメガ進化ポケモンであり、軸として採用

終盤の先制技での縛りを意識した耐久振り猫不意ガルーラ

 

2.ランドロス

ガルーラと相性の良い物理受けクッションとして採用

カプレヒレを採用したことでかなりミミッキュが重くなったため旧型である岩石封じを搭載している

 

3.ギルガルド 

ランドロスとタイプ相性が良く、崩しと対面性能を両立させている

 

4.ゲッコウガ

水タイプの通りの良い構築への選出

激流水zでの崩し担当

奮い立てるを採用し、万物の構築に選出する

 

5.カプテテフ

構築全体の足が遅いため、スカーフ枠として採用

ここまででメタグロス軸に薄めであったためこのポケモンを通すことを勝ち筋にする

 

6.カプレヒレ

初手の有利対面を作りにくい構築に選出する

耐久にかなり割いて確定2発を取られにくく、有利対面の幅を広げている

受け回しもワンチャン狩れる性能を持たすため渦潮と潮水の2ウェポンとした

 

 

【使用個体】

 

ガルーラ@メガ石

性格:意地っ張り
特性:肝っ玉
努力値:H212,A228,d68
技構成:猫騙し/恩返し/不意打ち/炎のパンチ

構築の軸

序盤は数的有利を取り、終盤は猫不意で詰める

7世代ではラストワンウェポンは炎のパンチが結論

選出段階で素猫や素恩返しを押すタイミングを見極めるのが難しい

 

 

 

ランドロス@イアの実

性格:腕白
特性:威嚇
努力値:H252,a4,B252
技構成:地震/蜻蛉帰り/岩石封じ/毒々

ミミッキュ意識したクッション

ヒレを採用したため、切り返しを利かせるようにするため岩石封じが必須となった

ミミッキュ以外にも岩石封じはギャラドスに対してスカテテフと合わせて有利に働く点が利点だと感じた

毒毒による崩しも役割となっている

 

 

 

ギルガルド @霊z

性格:控え目
特性:バトルスイッチ
努力値:H236,c252,S20

技構成:シャドボ/キンシ/毒々/影うち

グロス軸やマンダ軸などに一貫しやすい霊zガルド

数的有利を取りやすく、対面性能は高さを感じた

残飯にすると崩しの幅が狭くなるためzでの採用

 

 

 

ゲッコウガ@水z

性格:控えめ
特性:激流
努力値:C252,d4,S252
技構成:カノン/熱湯/奮い立てる/身代わり

奮い立てるを採用した控え目ゲッコウガ

Sを最速にするメリットをあまり感じなかったため控えめ

控え目で採用することでHDポリ2に対しても有利を取ることができる

やりようによってはHDドヒド、H振りバナでも突破できる

ランドロスで有利対面を作った後に上から高火力を押しつける動きが理想

 

 

カプ・テテフ@拘りスカーフ

性格:控え目
特性:サイコメイカ
努力値:C252,d4,S252
技構成:サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール

スカーフを持たせ、テテフの一貫を作る勝ち筋を見た

グロス軸に対して活躍をかなり見込める

ガルーラと一緒に選出しても、レヒレでフィールドを書き換えられる。またガルドのキンシでターンを稼ぐこともできるためあまり不便に感じなかった

かなり選出率が高めであった

 

 

カプレヒレ@カプz

性格:図太い
特性:ミストメーカー
努力値:H252,b236,S20
技構成:自然の怒り/挑発/渦潮/潮水

初手に出してカプzで大きく削りを入れて突破または猫不意圏内やテテフの圏内にいれる役割

ランドロスがいる相手の構築に対してガルランドは初手に安定する駒が無いため、このレヒレを解答とした

HBに割くことでメタグロスクチートなどに一方を取れるなど、確定数をずらせられるという点が大きい

 

 

【基本選出】

ガルーラ+テテフ@1

ガルーラ+ランド@1 など

 

 

f:id:yukaiakari:20190903165404j:image

 

 

 

次は8世代の記事になります

 

@abclil

【S13最高最終2144,2142】s13ガルランド【最終3位,4位】

s13で使用した構築を紹介します

f:id:yukaiakari:20190108071839j:plain

 

最高最終レート

TN Fei 2144 最終3位 

TN にごりほのか 2142 最終4位

 

 

 

【コンセプト】

・数的有利を取り、先制技で縛る

 

 

【構築経緯】 1→6

s12で使用した構築の完成度が高かったのでそれをベースにした。s12の構築の問題点を挙げるとすれば対戦相手に型の一点読みをされることが多かった。そこで構築の見た目を変えて少しでも型読みを回避できればと考えた。

【S12最高最終2109】ガルランドスタンダート【最終37位】 - 砕けるダイヤモンド

 

1.メガガルーラ

最も使い慣れたメガシンカ枠として採用

安定行動、行動保障を意識して耐久振り猫不意

 

2.ランドロス

ガルーラのサポートをするクッションとして採用

マンダとランドミラーを意識しためざ氷

ガルーラと相性の良い物理受け

 

3.ギルガルド 

毒々による崩し担当

ランドロスとのタイプ相性が良い

 

4.ゲッコウガ

水タイプの通りの良い構築へ選出

激流水zでの崩しと対面性能

地面枠メタ

 

5.デンジュモク

受けサイクルに対して蛍火からの高火力で崩す

 

6.リザードンY

ガルーラを受けに来た物理受けを腐らせるメガ枠として採用

鋼牽制

見た目

 

 

【使用個体】

 

 

f:id:yukaiakari:20180904073624p:plain

ガルーラ@メガ石

性格:意地っ張り
特性:肝っ玉
努力値:H212,A228,d68
技構成:猫騙し/恩返し/不意打ち/炎のパンチ

リザYのオバヒやコケコの電気zを耐えながら処理し数的有利をとる

ランドでサポートしながら最後まで残して猫不意で締める

炎のパンチはノーマル打点が通らない相手へ抜群を付きやすく採用しない場合は選出が歪む構築が増えてしまう

7世代ではこの型に落ち着いた

ガルーラを上手く通せるかどうかで勝ち負けが決まる

 

 

f:id:yukaiakari:20180904073605p:plain

ランドロス@バンジの実

性格:呑気
特性:威嚇
努力値:H252,a4,B252 s個体値かなり低め
技構成:地震/蜻蛉返り/めざ氷/毒々

本構築の物理受け

後攻で蜻蛉返りをすることで択を回避しつつ有利対面を作る

めざ氷はマンダに刺すというよりはランドミラーに必須級であると感じた

 

 

f:id:yukaiakari:20180904073716p:plain

ギルガルド @残飯

性格:臆病
特性:バトルスイッチ
努力値:H204,b20,c4,d28,S252

技構成:シャドボ/キンシ/毒々/身代わり

臆病での採用は重めの相手のギルガルドに対する回答にするため

ランドロスと毒を入れながらサイクルすることでhpを確保する動きが理想

ガルーラやマンダの型判定をランドガルドで行うこともできる

 

 

f:id:yukaiakari:20180904073538p:plain

ゲッコウガ@水z

性格:控えめ
特性:激流
努力値:C252,d4,S252
技構成:カノン/熱湯/手裏剣/身代わり

テンプレ激流ゲコ

リザ入りに対して他が不利を取るため、激流での採用は必然となった

激流にすることで火力、崩しの性能を引き上げることができる

行動保証が無くスカーフや襷にやられてしまうため基本的にランドロスを使って安全に着地させる

Sを最速にするメリットをあまり感じなかったため控えめ

 

 

f:id:yukaiakari:20181106053824p:plain

デンジュモク@電気z

性格:控えめ
特性:ビーストブースト
努力値:H228,b20,c52,d36,S172
技構成:10万ボルト/めざ氷/エナボ/蛍火

ヌオーとドリュウズを意識した草打点としてエナジーボールを採用

素電気zの火力はテテフをワンパンできる程度

ナットドランやブルドヒなどであってもタイプ相性を無視して崩すことができる

身代わりがあれば非常に重いモロバレルや有利対面の安定択を得られるために採用を悩んだが最近の受けサイクルにはヌオーが入りがちであったために草技を採用した

 

 

f:id:springpoke:20180710064230g:image
リザードン@メガ石Y

性格:控えめ
特性:日照り
努力値:h252,b100,c84,d12,s60
技構成:放射/オバヒ/ソラビ/ニトチャ

炎3ウェポン中途半端リザ

C:11n   S:1加速でゲコ抜き

HD:コケコの10万の乱数意識

HB:残り

火力は充分にあると感じHBラインを高めた

技構成は

・命中安定且つ連打可能の放射

・対面性能を上げるオバヒ

・殴りながらSを上げるニトチャ

・対水への打点としてソラビ

となった

H252の恩恵は非常に大きく、かなり行動保証が生まれたため安定した立ち回りが分かりやすくなった

ゲンガーやコケコに対してニトチャで上を取ることはできないが、そもそもゲンガーやコケコがいるような構築にリザYは選出しにくいと感じたためsラインを落とし他全体の数値を上げた

ガルーラが通りにくい、また物理受けの崩しが難しい構築へ選出する

実際はそのような構築は少ない且つガルーラへの信頼が厚いこともあって選出率は低め

にごりざYと命名しました

 

 

【基本選出】

ガルーラ+ランドロス@1

ガルーラ+ガルド+ゲッコウガ

 

 

☆にごりほのかrom

リザY→臆病スカテテフ

残飯ガルド→控えめ霊Zガルド

 

 

 

f:id:yukaiakari:20190108205907j:image

 

『最後に』

レート差でもジャラランガとマッチングした瞬間に負けが確定してしまうため対策する必要があるかもしれないと思いました

ジャラランガは2、3回ほどしかマッチングしなかったが毎回の如くレート差マッチングをした時に選出画面までの暗転時間にスリルを感じました

リザの位置が自由枠で他の並びは優秀だと感じました

Twitter @abclil

【S12最高最終2109】ガルランドスタンダート【最終37位】

s12で使用した構築を紹介します

 

最高最終レートは2109で最終37位でした

 

中身は見なくても型が分かりやすいです

 

f:id:yukaiakari:20181106045013p:plain

 

【コンセプト】

・数的有利を取り、先制技で縛る

 

【構築経緯】 1→6

1.メガガルーラ 

最も使い慣れたメガ進化ポケモンであり、軸として採用

終盤の先制技での縛りを意識した耐久振り猫不意ガルーラ

 

2.ランドロス

ミミッキュボーマンダに比較的に安定択を持つクッションとしてめざ氷+毒hbランドロス

ガルーラと相性の良い物理受け

 

3.ギルガルド

ランドロスとサイクルを回すことができる

毒毒による崩し担当

 

4.ゲッコウガ

水タイプの通りの良い構築への選出

激流水zでの崩し担当

 

5.ミミッキュ

他の崩しやランドが刺さらなかった場合に選出する

呪い身代わりでの崩し担当

 

6.デンジュモク

ここまでで崩すことが難しいガチガチの受けサイクルを崩す

蛍火電気zでの崩し担当

 

【使用個体】

 

ガルーラ@メガ石

性格:意地っ張り
特性:肝っ玉
努力値:H212,A228,d68
技構成:猫騙し/恩返し/不意打ち/炎のパンチ

構築の軸

恩返しの火力は無振りテテフがちょうどワンパンできる程度

ノーマル技が通らない相手への打点として炎のパンチを採用

ラス1を猫不意(+呪い、毒)で縛れるようにするため対面で生存しつつ突破することが鍵となる

冷凍パンチが有れば勝っていた。地震が有れば勝っていた。という場面が多く、技構成は一長一短であるが基本的に炎のパンチが無いと選出が歪む

 

 

ランドロス@バンジの実

性格:呑気
特性:威嚇
努力値:H252,a4,B252
技構成:地震/蜻蛉帰り/めざ氷/毒々

ミミッキュボーマンダを意識したクッション

ランド、ボーマンダの処理速度を早めるめざ氷

岩石封じを切るとミミッキュに対して窮屈な動きを強要されるようになってしまうのが欠点

sを下げた利点として、ランドミラーで呑気ミラーでない限りは後攻を取ることができる

欠点としてはs無振りレヒレや無振りクレセなどに上を取られる

毒毒による崩しも役割となっている

 

 

ギルガルド @残飯

性格:臆病
特性:バトルスイッチ
努力値:H204,b20,c4,d28,S252

技構成:シャドボ/キンシ/毒々/身代わり

臆病での採用は重めの相手のギルガルドに対する回答にするためであったが、ABミミッキュキノガッサ、遅いランドなどに対しても大きくアドバンテージを取ることができるために臆病で採用して正解であった

毒々による崩しが役割

ランドロスと毒を入れながらサイクルすることでhpを確保する動きが理想

 

 

 

ゲッコウガ@水z

性格:控えめ
特性:激流
努力値:C252,d4,S252
技構成:カノン/熱湯/手裏剣/身代わり

地面枠からの崩しを強化する、テテフの拘りロックを意識

またリザy入りに対して他が不利を取るため、激流での採用は必然となった

激流にすることで火力、崩しの性能を引き上げることができる

Sを最速にするメリットをあまり感じなかったため控えめ

ランドロスで有利対面を作った後に上から高火力を押しつける動きが理想

型バレで初対面の最速マンダが突っ込んできたりした

 

 

ミミッキュ@ミミッキュz

性格:陽気
特性:化けの皮
努力値:h4,A252,S252
技構成:じゃれ/呪い/身代わり/痛み分け

選出したいポケモンが他に居なかった場合に選出する

どのような構築にも選出しても活躍を期待できるため構築の潤滑油的な枠となった

安定択を持ちながら対面性能、崩しの性能が高い

型を判定するための身代わりは非常に使い勝手が良く、安定した立ち回りをしやすくなる

呪いと猫騙しの相性も良いため、残すことができれば勝ちパターンを確保することができる

 

 

デンジュモク@電気z

性格:控えめ
特性:ビーストブースト
努力値:H228,b20,c52,d36,S172
技構成:10万ボルト/めざ氷/草結び/蛍火

素電気zの火力はテテフをワンパンできる程度

物理耐久はマンダやグロスの不一致地震を耐え、

特殊耐久はテテフのフィールドサイキネを耐える程度

ナットドランやブルドヒなどであってもタイプ相性を無視して崩すことができる

身代わりがあれば非常に重いモロバレルや有利対面の安定択を得られるために採用を悩んだが最近の受けサイクルにはヌオーが入りがちであったために草技を採用した

 

 

 

【選出】

ガルーラ+ランドロス@1 vsマンダ軸など

ガルーラ+ミミ@1

ジュモクランドゲコ 

 

TN ソーネチカ 2109 37位

f:id:yukaiakari:20181106130350j:image

f:id:yukaiakari:20181106130746j:image

 

 

『最後に』

構築の完成度は悪くなかったはずだけど、全ての型が予測されやすいから相手の強気な立ち回りに屈することが多かった。その点ではこの構築での対戦は難しかった。来季はガルランドを使うかは未定になった。

 

 

Twitter @abclil

【S11最高最終2155】Ambivalent【最終8位】

s11で使用した構築を紹介します

 

最高最終レートは2155で最終8位でした

 

f:id:yukaiakari:20180904094958p:plain

 

【コンセプト】

・数的有利を取り、先制技で縛る

 

【構築経緯】 1→6

1.メガガルーラ (軸)

最も使い慣れたメガ進化ポケモンであり、軸として採用

早い格闘タイプ以外と撃ち合える点と終盤の先制技での縛りを意識した耐久振り猫不意ガルーラ

 

2.ランドロス(物理受けクッション)

ミミッキュボーマンダに比較的に安定択を持つクッションとしてめざ氷+毒hbランドロス

ガルーラと相性の良い物理受け

 

3.ゲッコウガ(z枠)

ミミッキュワンパン、ナットレイ+○○の並びの崩しを意識した(控えめ)変幻自在めざ炎持ちゲッコウガ

 

4.カプ・コケコ(z枠)

電気zによる対面性能、蜻蛉+ボルチェン、瞑想電気zでの崩し、ミミッキュワンパン などを可能とするカプ・コケコ

 

5.ギルガルドグロスメタ)

メタグロス軸、グライオン入りを意識した鋼枠としてHB弱保ガルド

また対面選出を意識

 

6.カプ・テテフ(崩し枠)

ここまでで崩すことが難しい受けサイクルを意識したカプz10万カプ・テテフ

 

 

【使用個体】

 

ガルーラ@メガ石

性格:意地っ張り
特性:肝っ玉
努力値:H212,A228,d68
技構成:猫騙し/恩返し/不意打ち/炎のパンチ

構築の軸

恩返しの火力は無振りテテフがちょうどワンパンできる程度

ノーマル技が通らない相手への打点として炎のパンチを採用

ゴツメを持った物理受けに何も出来ずにggと言われてしまうので裏でのケアが必要

ラス1を猫不意(+呪い、毒)で縛れるようにするため対面で生存しつつ突破することが鍵となる

 

 

ランドロス@フィラの実

性格:呑気
特性:威嚇
努力値:H252,a4,B252
技構成:地震/蜻蛉帰り/めざ氷/毒々

ミミッキュボーマンダを意識したクッション

ランド、ボーマンダの処理速度を早めるめざ氷

岩石封じを切るとミミッキュに対して窮屈な動きを強要されるようになってしまうのが欠点

sを下げた利点として、ランドミラーで呑気ミラーでない限りは後攻を取ることができる

欠点としてはs無振りレヒレや無振りクレセなどに上を取られる

毒毒による崩しも役割となっている

 

 

ゲッコウガ@水z

性格:控えめ
特性:変幻自在
努力値:C252,d4,S252

技構成:カノン/冷凍ビーム/手裏剣/めざ炎

構築の初期では脳死で激流型を採用していたが、めざ炎を切った立ち回りや選出をされることが非常に多い。またナットレイの処理ルートが構築で非常に少ないという点で激流→変幻へと改善

ミミッキュ、ガルーラに対するダメージの期待値を上げるために控えめ

ランドロスで有利対面を作った後に高火力を押し付ける動きが理想

3タテできることが多々あった

 

 

カプ・コケコ@電気z

性格:臆病
特性:エレキメイカ
努力値:C252,d4,S252
技構成:10万ボルト/めざ氷/ボルチェン/瞑想

対面性能の高さ、崩し、蜻蛉+ボルチェンが可能であり性能が高め

上から行動できる対面が多く、コケコを通すという勝ちパターンも狙える

瞑想電気zによる崩し性能も優秀

スカーフにワンパンされるのをケアすると初手には置けない

 

 

 ギルガルド@弱点保険

性格:呑気
特性:バトルスイッチ
努力値:H252,c4,B252
技構成:シャドボ/聖剣/影撃ち/キンシ

メタグロス軸に刺す枠

hb弱保で数的有利を取る

呑気で採用するとグライオンカバルドン地震をブレード状態でも耐えることができる

対面的な選出をする時に活躍を期待できる

型が割れることを嫌って最終盤のみ使用

 

 

カプ・テテフ@カプz

性格:臆病
特性:サイコメイカ
努力値:C252,d4,S252
技構成:サイキネ/10万ボルト/挑発/怒り

受けサイクルへの回答としてカプz

ドリュウズやランドなどを意識した臆病

vs受けサイクルではカプzに全てを賭ける

型が割れることを嫌って最終盤のみ使用

配分に関してはCS252で火力とsを確保した配分の使用感が良かった

 

 

【選出】

ガルーラ+ランドロス@1 vsマンダ軸など

ガルーラ+ガルド@1

カプ・コケコ+ランドロス@1

など

 

 

TN No*Logic 2155 8位

f:id:yukaiakari:20180904130249j:image

 

 

 

『最後』

今季はガルランドの崩し要素や対面の要素を少し開拓できたと思いました。

s11でマッチングされた方、対戦ありがとうございました。

 

 

 

Twitter @abclil

 

 

【S9最高最終2203】ガルランドゲッコウガ【最終4位】

 

 

 

第七世代にて初2200を達成しました。

 

 TNにごりほのか 最終2203 4位

 f:id:yukaiakari:20180515180155p:plain

【構築経緯】 1→6

1.メガガルーラ

自分が最も使い慣れたメガ進化ポケモンで軸として採用した。現環境で戦っていくとなると、早い格闘タイプ以外と撃ち合える、終盤の先制技による縛りを意識。ということで耐久振り猫不意ガルーラとなった。

 

2.ランドロス

ミミッキュボーマンダに比較的に安定択を持つクッションとしてめざ氷+毒hbランドロス

 

3.ゲッコウガ

ミミッキュを上からワンパンする枠。また、カバリザやテテフ入りに対してメタを張るために激流での採用となった。

 

4.ウルガモス

メタグロスカミツルギ、メガギャラを意識してスカーフを持たせたウルガモス。テテフに対して、ゲッコウガと合わせて有利に立ち回ることができる枠。

 

5.ミミッキュ

ここまででガルーラが重い、相手の水タイプを強烈に誘ってしまう。ということで陽気ミミzミミッキュの採用となった。ガルガル対面の引き先として優秀であり、水タイプと撃ち合える性能があるため重要な枠となった。

 

6.メガゲンガー

受け構築に初見の型でイージーウィンを狙う枠。ベトン入りには勝てないのが欠点。この枠では認知されていない型で受け構築を崩したかったが最終まで何も思い付かなかったため、自分が6世代で使っていた型を使用した。一考の余地が非常にある。

 

 

【コンセプト】

・数的有利を取り、先制技で縛る。

 

【使用個体】

 

ガルーラ@メガ石

性格:意地っ張り
特性:肝っ玉
努力値:H212,A228,d68
技構成:猫騙し/恩返し/不意打ち/炎のパンチ

リザードンY、カプテテフ、カプコケコへの対面性能を意識した。

ゴツメ2回+テテフのフィールド特化サイキネが低乱数1発。

早い格闘タイプ以外の全てのポケモンと打ち合う。

ノーマル技が通らない相手への打点として炎のパンチを採用した。

ラス1を猫不意(+呪い、毒)で縛れるようにするため、対面で生存しつつ突破することが鍵となる。

 

 

ランドロス@フィラの実

性格:呑気
特性:威嚇
努力値:H252,a4,B252
技構成:地震/蜻蛉帰り/めざ氷/毒々

ミミッキュボーマンダを意識したクッション。

ボーマンダに対して、型が割れていなけば毒が入りやすかった。

岩石封じを切るとミミッキュに対して窮屈な動きを強要されるようになってしまうのが欠点であったと感じた。

sを下げた利点として、ランドミラーで後攻を取ることができた。欠点としてはs無振りレヒレやクレセに上を取られてしまう点が気になった。

毒毒による崩しも役割となっている。

 

 

ゲッコウガ@水z

性格:控えめ
特性:激流
努力値:C252,d4,S252

技構成:カノン/熱湯/手裏剣/身代わり

カバリザ、ミミッキュ入り、テテフ入りを意識した。

ミミッキュ、ガルーラに対するダメージの期待値を上げるために控えめで採用した。

最速グロスの減少により、最速ゲッコウガが活きる場面が非常に少なかったため、控えめで採用して正解だった。

ランドロスで有利対面を作った後に高火力を押し付ける動きが理想。

 

 

ミミッキュ@ミミッキュz

性格:陽気
特性:化けの皮
努力値:h4,A252,S252
技構成:痛み分け/呪い/じゃれ/身代わり

対面的な選出をした際にガルーラを意識したため、ミミッキュzで採用した。

ボーマンダよりも早く動けることが多かったため、非常に刺さりが良かった。

他の選出がしっくり来なかった場合に選出する。

 

 

ウルガモス@拘りスカーフ

性格:控えめ
特性:炎の体
努力値:h4,C252,S252
技構成:オバヒ/さざめき/サイキネ/めざ氷

メタグロスを強く意識したが、思念持ちが非常に多かったため後投げの際にランドを挟む立ち回りをすることが多かった。

ミミガッサに対して強め。

 

 

ゲンガー@メガ石

性格:せっかち
特性:呪われボディ
努力値:A252,d4,S252
技構成:シャドボ/ドンチ/挑発/道連れ

ベトン入り以外の受け構築にメタを張った。ベトン入りに1度もマッチングすることが無く、ループには勝利することが出来た。

ドレインパンチはH振りバンギに対し、イバンを発動させずに確定2発を取ることが出来る。

 

 

 

【選出】

ガルーラ+ランドロス@1 vsマンダ軸など

ガルーラ+ミミッキュ@1 vsガル軸など

ガモス+ゲッコウガ@1 

 

ガルーラ、ゲンガー以外はあまり選出に偏りがなかった。

 

 

『最後』

初の2200達成ということで本当に嬉しかったです。たくさんのおめリプありがとうございました。s9では瞬間1~3位を独占したり、瞬間の1位争いを体験して楽しかったです。次のシーズンでも上位を狙いにいきたいです。マッチングされた方、対戦ありがとうございました。

f:id:yukaiakari:20180515184352j:image